無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

旬の野菜

色鮮やかな夏野菜も好きだが、

冬の野菜も、もちろん好きである。

葱、白菜、大根が美味しく、安くなってきましたね。

しかし、価格の暴落を止めるため、

捨てられるこれらの野菜たちの、そして農家の方々の、何と気の毒なことか。

安いのは、確かにありがたいんですけどね・・・・

さて。

当店では最近たまに「風呂吹き大根」がお通しに出ます。

簡単で美味しいし、皆さんにも好評。

Photo_35 面取りして鍋に入れておけば、

泳ぎながら、勝手に軟らかくなってくれる。

あとは、味噌を作っておくだけ。

Photo_36 そして、風呂吹き大根を作ると、

副産物としてこれもできる。

皮と葉のきんぴら。

これもまた旨いのである。

つい「ご飯!」と言いたくなってしまうのね。

お土産幸せ♪

Photo_34 小豆島へ旅行にお出かけだった、ワイン好きのMさん。

さすが酒飲み。素敵なお土産をくださった。

「オリーブの塩漬け」。

お酒のアテに、とても良いということです。

昨夜はまだ未開封。味が楽しみです♪

2006年11月26日 (日)

お土産~♪

私と一日違いで京都に行ったMさんからお土産をいただいた。

京都錦小路の丸餅。

つきたてで、いただいた時はまだそのまま食べられそうな軟らかさだった。

普段、お土産をいただくと、他のお客さんにも振舞ったりするのだが、

これは私が持ち帰り。そして独り占め。

その晩はぐっと我慢し、翌朝、磯辺にした。

まだ軟らかかったので、レンジで少しチンしただけ。

Photo_32 2_3

シンプルに、醤油だけをつけていただく。

きめがこまかく、よく伸びる。そして美味。

明日はお雑煮にしよっと♪

2006年11月24日 (金)

京都の休日2

翌日、朝8時頃に目が覚めた。

各部屋はまだ静まり返っている。

私は今夜は仕事なので、昼過ぎには名古屋に着きたい。

寝ている人たちを起こさないよう、書置きをして9時頃そっと部屋を出た。

近所の喫茶店でモーニングセットを食べ、電車で京都駅へ向かう。

Photo_26 途中、四条の駅で乗り換え。

電車から地下鉄に乗り換えるための地下通路が、これまたえらく長い。

長い通路が続くだけで、店舗などは全く無い。

これだけ直線で長いと、ボウリングもできそうだし、短距離走もできる。

通路のどん突きにある地下鉄駅から京都駅へ出て、

二人は再び京都タワーへと向かった。

今日も外国人は多い。

展望台へと向かうエレベーターの中で、日本人は我ら二人とエレベーターガールの女性だけだった。

Photo_27 タワーからの展望。

こうして見ると、京都は本当に盆地なのだなあ、と再認識する。

本日は天気もよく、眺めも美しかった。

景色を堪能した後は、また土産物売り場へ。

Photo_29

やはり京都である。

iz嬢は通りかかった舞妓さんと写真撮影。

Photo_30

私は、京都タワーのマスコット「たわわちゃん」とツーショット。

何でもたわわちゃんは最近、各地のタワーを訪問しているらしい。

ということは、テレビ塔に来ることもあるのかもしれない。

などと考えつつうろついていたら、我々の身体に異変が!

iz嬢の悲鳴で顔を上げるとそこには、

Photo_31 見たこともない姿に変形した私の姿が。

一体何が起きたのか。

心配して駆け寄るiz嬢。すると、

2

iz嬢までもが同じ目に!

「京都タワー」。恐ろしい場所である。

このままここにいては、元に戻れなくなってしまうと考え、

我々は脱出することにした。

時間もいい頃合。

デパ地下で「蓬莱」の中華弁当を買い、

二人は名古屋直行の高速バスに乗って逃げ帰って来たのであった。

京都の休日

知人のiz嬢と共に、1泊2日の京都の旅へ。

Photo_21 お空は曇天。

雨よりはましかと思えど、

乗り換えて発車待ちの車内は底冷え。

それでもビールなど飲んで、車窓からの眺めを楽しむ。

ここは草津あたり。

夕方日没前に京都到着。

紅葉の季節と言うこともあって、すごい人。

Photo_22 目的のライブまでは多少時間があるので、

京都タワーへ向かう。

上るのは明日にして、スカイラウンジでお茶。

その後、土産物売り場をうろつく。

漬物の試食などしているうちに、いい時間になったのでライブハウスへ。

Photo_23 京都駅よりバスで20分、徒歩10分の住宅街にあるここ。

昼間だったら、絶対通り過ぎてしまいそうだ。

もと酒蔵を改装したハコで、テーブルや椅子は酒樽。

広さは、いつもの今池得三よりほんの少し小さいくらい。

天井はやや低めだが、木製の部分が多いせいか、落ち着く空間である。

Photo_24 天井には大きな提灯がいつくかあり、

その軟らかい灯りも、雰囲気作りに一役買っていた。

我々はビールとおでん(寒かったもんで)きのこのキッシュ、

セロリの醤油付けなどを頼み、開演を待った。

今回のライブは3組のコラボ。

1番手は「真空ギター」の寒空はだか氏。

「エアギター」ではなく「真空ギター」。

演奏も口でジャンジャカ言いながら唄う芸の人。

何度も見ているが、今回も時事ネタブラック満載で大笑いした。

ただ氏と同年代でないとついていけないネタもあり、若い人は置いていかれることも多少。

2番手は「三味線弾き語り」の上野茂都氏。

この人が同行のiz嬢のお薦め。

40半ばと見受けられる男性。影が薄い。

マイナーコードで独特の節回し。唄はすべて食べ物のこと。

「お米を炊いたら硬すぎてぇ~」とか、

「キャベツの芯は捨てないでぇ~きざんで餃子の具に混ぜるぅ~」

とかの唄を聞いていると、段々この人が可愛そうに思えてくるが、

それがこの人の見所なのだろう。

3番手は「ふちがみとふなと」。

ウッドベースと女性ヴォーカルのコンビ。

以前の日記にも書いたが、この二人はいい。

「語りかける唄」とでもいうのか、唄がとても自然に身体に入ってくる。

とても気持ちのいい音楽。

機会があったら是非!とお薦めしたいのである。

ライブは盛り上がりのうちに終わり、

iz嬢の紹介で、私も出演者のみなさんと飲んだ。

それも、このライブハウスの素敵なところ。

水割りで飲んでいた芋焼酎をロックに切り替え、

ええ感じで酔いが回り始めたころ、iz嬢が言った。

「今夜はこの人のうちに泊めてもらうから。」

と一人の出演者を示す。

初対面の私は迷ったが、先方の「いらんお金使う必要ないよ。」

の一言で、お言葉に甘えることにした。

何でも、その晩泊めて頂くのは、我ら2人を含めて5人。

おおきな家なのだな、とタクシーに分乗してライブハウスを後にした。

到着したのは、部屋数こそ多いが、ふつうのマンション。

当主が、iz嬢の持ってきた「寿がきや味噌煮込み(乾麺)」を食べようと言うので、

それならばと私とiz嬢で作ることにした。

Photo_25 大きな土鍋に山のような野菜と玉子。

7人の面々にほぼ食い尽くされかけた時、

写真を撮るのを忘れていたことに気づき、撮影。

でもよくわかんない写真になってしまった。

その後、室内のあちこちの隙間に布団を敷いて頂き、

一同は眠りについた。

2006年11月23日 (木)

京都

今日はお休み。

今から京都へ行ってきます。

紅葉狩りでも観光でもなく、

知り合いの芸人さんのライブ。いと楽し。

今週は2回も京都に行ってるわ。

未だに「衣替え」してないのに、遊んでる。

2006年11月22日 (水)

かに部長再び

またやられています。

今度はどなたの仕業かしら。

負けるな部長!

2_2

2006年11月21日 (火)

得三も終了!

京都名古屋ぷちツアー、無事終了いたしました。

ご来場の皆さま、本当にありがとうございました。

我々のライブに、段々とお店のお客さんが来て下さるようになり、

嬉しいのと恥ずかしいのがあいまって、

そして私は幸せでございます。

まだまだこんな感じで続けていきますので、

今後ともよろしくお付き合いくださいませ。

ありがとうございました!Kaicho2

2006年11月20日 (月)

素晴らしい!

つかの間の復活。

嬉しいけど、無理しないでね!!

http://www.kiyoshiro.co.jp/topics/index.html

磔磔

行ってきました。京都。

老舗の「磔磔」。

ものすごく風情のあるハコなんです、ここ。

壁一面に過去のポスターやら写真やらサイン。

楽屋にもいっぱい。

ひとつひとつ見ると、とんでもない凄い人のサインや写真があったりして、

驚きます。

愛しのダーリン「清志郎」のポスターもあります。チャボも。

そしてトイレの壁には、これからあるライブのフライヤー。

Photo_20 左側真ん中にあるのが、清志郎のフライヤー。

そして、

右下にあるモノクロのが、我々のフライヤー。

凄いですね。こんな近くに。

ライブは好評の模様でした。

おひねりなんか飛んじゃったりして、感激でした。

また行きたいです。京都。

2006年11月17日 (金)

京都

明日は京都。

我々のユニットが出演するライブがあります。

場所は四条河原町の「磔磔」。

ご存知の方はご存知でしょう。

老舗の由緒あるライブハウスです。

色々な方がここのステージを踏んでいます。

(勿論、我が愛しの忌野清志郎氏も)

我々は「イロモノユニット」なので、

音楽に誠心な方々には、ちょっとばかり心苦しい気もするのですが、

でも、そこは我らも舞台人。いっちょ頑張ってきます。

2006年11月16日 (木)

お知らせです

今度の日曜日、私の所属するユニットのライブがあります。

そのお知らせをいたします。

11月19日[日]

今池得三

前売 2000円

当日 2400円

開場 18時

開演 19時

共演

野村麻紀

なるせ女剣劇団

ご興味のある方は是非いらして下さいませ。

今回我々は初のトリ。

新ネタ満載でお送り致します。

今年も

この時期がやってきましたね。

これについて浮かれるタイプではありませんが、

まあ、一応旬ってことで。

でも、けっこう美味かったです。

Photo_19

2006年11月15日 (水)

また出たお土産

まずいお土産を下さることで有名なY氏が、

また妙なお土産を持って来てくれた。

1_1 漢字で表記されてはいるが、

これはマレーシア土産。

「のしイカ」みたいなものであった。

2_1 中味はこんな感じ。

色がすごい。これはイカの色じやないね。

ヒトデか。

味は・・・予想通りまずい。

のしイカなのに、グラニュー糖がたっぷりまぶしてある。

さらに、チリパウダーも。

舌を刺すような辛味が、あとからやって来る。

チリと砂糖で、よく言えば「あまから」なのだが、

そう言うには、ちょっとえぐい味だったわ。

2006年11月14日 (火)

病院ツアー

先週から右手首が痛い。

ほっておいても全く変わらないので、病院へ行くことにした。

幸い骨には異常はなく、湿布薬で1週間程度様子を見ることになった。

変化がなければ、今度は形成外科がカイロである。

ところで、

本日私が尋ねた病院は、とある医療グループで形成されており、

ビル内には大抵の医科がある。

せっかくなので、下の階にある歯医者へ赴き、

歯科検診と歯石取りと歯間ブラシの指導を受けた。

歯は問題なし。歯磨きもよくできていると言ってもらえた。

会計を済ませて廊下へ出ると、隣は内科。

「インフルエンザ予防接種を受けましょう」のポスターが見える。

まあ、ついでだ、と内科へも赴いた。

簡単な問診表記入の後に接種。

老達の柔和な先生が打ってくれたのだが、

さすが達人。筋肉注射なのに、まったく痛みを感じなかった。

会計をすませ、館内の薬局で湿布薬を買い、帰宅。

そんなわけで、本日の午後は病院ツアーだったのだ。

2006年11月13日 (月)

旬は良いね

Photo_18 何でしょう。

「新ごぼう」の味噌漬です。

この時期のごぼうは、軟らかくてとても香りがいい。

先日、しょうゆ漬を作ったら、とても好評でした。

なので、今度は味噌漬。

簡単で美味なのはいいんだけど、

手がしばらくごぼう臭いのよね。

2006年11月12日 (日)

BGM

昨夜の少し遅い時間のこと。

あるお客さんからリクエストがあって、「高田渡」を流してみた。

店の雰囲気が少し変わったが、たいして影響はなかった。

次に実験的に、「あがた森魚」を流してみた。

心なしか、飲んでるお客さんの背中が丸くなってくる。

呑気に飲んでることが、申し訳ない気持ちになりそうになるみたいだ。

「これは、生ビールには合わんね。」と、あるお客さん。

「一人の世界に行きたくないけど、行きそうになる。」と、別のお客さん。

さほど明るくない当店の照明さえ、明るすぎる気がしてきた。

実験はこれで充分と、BGMを「B・Bキング」に変更した。

たちまちいつもの雰囲気に戻った当店。

でも、一人の演劇関係者のお客さんだけは、

暗い暗い「あがた森魚」を聞いて、嬉しそうにはしゃいでいましたけどね。

趣味趣向は多様でございます。

2006年11月 8日 (水)

ちょっとご褒美

昨夜、ライブがあった。

ええ感じに疲れて終わることができた。

昨日は昼過ぎにライブハウスに入り、

挨拶やリハーサル、そして準備などしているうちに、あっというまに開場となる。

芝居のときでもそうだが、

本番前、殆ど食物は口にしない。

水分は摂るが、食物はせいぜい飴とかチョコとかの糖分。

それも少しだけ。

身体のスイッチが切り替わるのだな。

「満腹」状態では私は「弛緩」となってしまうのだ。

で、ライブが終わっていきなり食べるかと言うと、

これまた酒など飲んでしまって、何も食べなかったりする。

今朝、っていうか昼過ぎに起きて、

ものすごく空腹だった。

当たり前である。

買物のついでに、昼食を外でとることにした。

久々に「あんかけ」。

好物ではあるが、相当な高カロリーなので、たまにしか食べられない。

だって、年内にはまだ3回もライブの予定があるのだもの。

Photo_17

2006年11月 6日 (月)

本日は

休日で出かける仕事はなかったが、引き篭りはしなかった。

来週の火曜日にライブがあり、その稽古だったのだ。

防音完備の知人宅で、ミーティングも兼ねて約4時間ほど。

ふう。

稽古はやってもやっても、不安が無くなる事はないな。

お時間、ご興味のある方は是非。

「ワハハ本舗」の若手芸人さんたちとコラボレーションです。

音楽芸人の「ポカスカジャン」をはじめ、7組の出演。

盛り沢山です。

『今池クレイジーナイト』

日程⇒11月7日[火]

場所⇒今池得三

開場⇒18:00

開演⇒19:00

前売⇒2500円

当日⇒3000円

で、ございます。

2006年11月 3日 (金)

ガーベラ

Photo_16 大好きな花、ガーベラ。

しかも、これはでかい。

花の差し渡しが12センチもあった。

入手先は、先日同じビルの上にオープンした店の「開店花」。

前評判の凄い店なのか、凄い数の開店花だった。

新規オープン。おめでたいのは結構なこと。

でも、

またホストクラブだよ。

ほんっとに増えたなあ。

2006年11月 2日 (木)

まがいもの?

1

ネットで購入した掃除機。

流行のサイクロンタイプ。

2

なのに排気坑がある。

ってことは、ただの「ゴミが見える」掃除機か。

もとい「回るゴミが見える」掃除機だ。

どうりで安かった。

なんだよ。

2006年11月 1日 (水)

加減ということを・・・

昼間の仕事をしている某芸大は、今週が芸祭。

なので仕事が休み。

いよいよ睡眠不足の解消ができて、ことのほか嬉しく思っていた。

目覚ましのセットをしないで寝られる嬉しさったらない。

だが。

睡眠不足の蓄積は自覚していたが、

目が覚めるともう、陽が傾いている。

しかも2日続けて。

「寝溜め」はできんのだよ、人間は。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »