無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

お知らせです

今週の土曜日の2月2日は、お休みさせていただきます。

店主が長久手の劇場にて、公演をしております。

どうかご了承くださいませ。

詳細は、ホームページトップから[News!]にてご紹介いたしております。

2008年1月29日 (火)

目の当たり

開店以来、同じワインオープナーを使っている。

ソムリエナイフの使い方が下手だったので、一般家庭と同じのを使っていた。

先週末。

いつもワインをオーダーされるTさんのコルクを抜いていたら、

大して力も入れていないのに、スクリューの部分が折れてしまった。

Photo_2 金属疲労である。

付け根から折れたスクリューは、

コルクに深々と刺さったまま。

さてどうする。

幸いその時、店内には男性のお客さんが2名。

ペンチとプライヤーを使って、お二人でなんとか引き抜いてくださった。

はあ。助かりました。

ありがとうございます。

ソムリエナイフ、練習しなくちゃだわ。

2008年1月28日 (月)

いい大人なのに

週末常連のINさんが、この土曜日にもいらした。

ポケットから出した携帯のストラップが、尋常でない大きさ。

これはなんなの、と聞くと、

「女の子に、『なにこれ、かわいい~。』と言って欲しいためだけに付けてるんだ。」

とおっしゃる。

人には、いろんな努力の仕方があるんだなぁ、

と、改めて思った。

写真右が携帯。左のキューピーもどきがストラップです。

あいだにあるのは、ドコモダケ。

Photo

2008年1月25日 (金)

大煙

いつも仕入れをしている酒屋は、店舗販売もしているので、

近くに行った時には覗いてみることにしている。

こないだ見つけたのはこれ。

Photo 「ビッグスモーク」

アイラのブレンド。

どういうことかというと、

アイラで作られているシングルモルトウイスキー、

これらを数種フレンドしたもの。

度数は60度。かなり高めである。

最初の封切りはお客様に、ということで、

まだ開いていません。

早くテイスティングしたいものです。

2008年1月24日 (木)

北のお土産

北海道限定のビールをいただいた。

Photo サッポロクラシック生。

国産ビールではサッポロ黒ラベルが一番好きだ。

これはうれしや、と昨夜飲んでみた。

とても軽い。う~ん、軽い。

夏場の一気飲みか、湯上り向けだな、と思った。

それとも、北の人々はライトタイプが好みなのかしら。

2008年1月23日 (水)

辛党

甘いものも好きだが辛いものも大好き。

(ピカイチのラーメンは七辛までなので、筋金入りとは言いがたいが・・・)

辛党を公言していたら、こんなお土産をいただいた。

Photo 京都祇園の「黄金一味」。

青唐辛子で作ってあるのか、

色がやや緑っぽい。

そして辛い。かなり辛い。

ブラディメアリーに、タバスコ代わりに使ったが、いける。

ありがとう♪

2008年1月21日 (月)

意外と早かったな

Photo 去年の秋に、

「もう飲めなくなります」とご紹介したバーボン。

新しい輸入元が現れました。

天下の「アサヒビール」。

これで以前と変わらず、安定供給です。

ま、意外と早かった、ってことですね。

めでたし。

2008年1月20日 (日)

寒波襲来

店のカウンター内は、コンクリなので結構冷える。

そして、来月には芝居の公演があり、ただいま稽古中なのだが、

借りている稽古場も、これまた寒い。

さらに私は今回は演出なので、役者のようには動かない。

で、ここ数日の寒波襲来。

そろそろくるんじやないかなぁ、と思っていたら、

危ぶんでいた通り、足にしもやけができた。

たしか去年も、このくらいの時期にはできたような・・・・

いつもの靴がきついです。

2008年1月18日 (金)

出勤できないー!

昨夜のこと。

いつものように自転車で店へ向かう私の後ろから、

数台の消防車が近づき、追い越して行った。

どこへ向かうのかと思えば、私の職場エリアだ。

Photo_3 近づいてみると、

いつも通る道は、立ち入り禁止のテープで封鎖されていて、

店へ行けない状態。

「まさか、うちのビル!?」と危ぶみ、

道を迂回して店へ行った。

2 道を塞ぐ消防車は7~8台。

大勢の野次馬。

幸いなことに、現場はうちのビルではなかった。

通り1本挟んだ北側。

3_2 派手に放水をしている。

焦げ臭いにおいも充満している。

そしてやっぱり、たくさんの野次馬。

ま、写真撮ってる私も、その部類ですけどね。

幸い、大事には至らなかったようです。

でも、空気が乾燥してますからね。

明日は我が身と気持ちを引き締めましょう。

当分水菜です

Photo 昨日、いつもの市場へ買い物に行ったら、

いつもしゃべるおじちゃんに、水菜を押し売りされた。

大きな束が昨日は1把100円だったのだが、

1把50円にするから、4把買ってくれという。

4把て、おい。

それって普通の家庭で消費できる量じゃないじゃないか。

Photo_2 ところがこのおじちゃん、私が商売していることをどこで見抜いたのか、

「仕事仕事!」と言って籠に4把の水菜をねじこんだ。

そして、「漬物にせやええが。」と勝ち誇ったように笑っている。

しかしなぁ。

水菜は意外と足が速いんだよ。

まあ好物だから、半分は自家消費できる。

(既に1把は私の胃へ消えた。)

半分は店で使おうっと。

というわけで、当分お通しは水菜ですよ。

2008年1月17日 (木)

バリのスピリッツ

このあいだの日曜日に、お客さんからのお誘いの飲み会があった。

その2次会で行った店でいただいたお酒。

Photo_2 産地はバリ島。

「アラク」という種類の「プラ」という銘柄。

10年くらい前にバリへは行ったけど、

これは飲まなかったな。

味は、米焼酎に少し近いかな。

ベトナムの焼酎にもちょっと似ていた。

ところでこの日は、

一軒目の韓国料理店で生ビールとマッコリをいただき、

二軒めで上記のプラと焼酎をいただき、

深夜に尋ねた友人宅でジャックダニエルをかなりいただき、

やがて記憶を失っていったのであった。

はい。今年初の、自らの酔死体体験でした。

2008年1月15日 (火)

年賀状

今年もたくさんの年賀状をいただいた。

嬉しいことである。

さて、

毎年必ず1通はあるのが、

「差出人が不明」というもの。

文面から想像がつく場合もあるのだが、

全く不明のものもある。

今年も1通あった。

よくよく考えてみたが、まったく思いつかない。

さて、一体誰だろうか・・・?

私にくれたものだけでなく、

全部の葉書に差出人が書いてないことも考えられる。

あぁ。せっかくなのに。

2008年1月12日 (土)

両刀使い

氷に余裕があるときは、ロックグラス用の「丸氷」を削る。

正直、この時期の氷割りは冷たくて辛い。

しかも、丸氷はずっと氷を手にもったままだ。

冷たくて冷たくて、痺れてくる。

ところが、私は生来は左利きだったようで、左手でもアイスピックが使えるのだ。

冷たくなったら持ち替える。

意外と都合がいい。

ペンや包丁、はさみは右手だけど、

歯磨き、ボトル、グラス、煙草、携帯、

これらは左手で使っている。

2008年1月11日 (金)

寒波

夜半の寒さが厳しくなってきました。

店では、先週からエアコンに加えて、ガスストーブも出しました。

エアコンで上から、ガスで下から。

こうすると適度に空気の対流がおきて、店全体があたたまります。

私の足元以外は・・・

というわけで、私の足元には、超小型の電気ストーブがあります。

開店して初めての冬に、何年ぶりかで足にしもやけが出来たので、

速攻買いました。

2008年1月10日 (木)

忍び寄る恐怖

「プリシラ民芸居酒屋計画」は、

店主の預かり知らぬところで進行しているのか。

もしや、計画に荷担しているお客さん同士は、

水面下で連絡でも取り合っているのであろうか。

年末よりカウンター上には、このような灰皿が出現した。

Photo

あまりにもはっきりとした文字で書かれた「草津温泉」の四文字。

苔のようなくすんだ緑色。

当店のイメージカラーが「藍色」と知っての所業か。

件の計画は、見えないウイルスのようにプリシラを侵しつつあるのか。

この恐ろしい計画を知っているお客さんは、

この灰皿を見てしめしめとほくそえみ、

また、そんなことを知らないお客さんは、

単に店主の趣味を疑う。

どちらにしても、

私にとっていいことはないのだ。

2008年1月 8日 (火)

うれしい持ち込み

週末によくいらっしゃるKさんが、

先日このボトルを持ってやってきた。

(うちは持ち込み料を頂ければ、持ちこみボトルもお預かりします。)

30 ハイランドパーク30年。

オークニー諸島産。

45度とちょっと。

濃い琥珀色と、果ての無い深さ。

チューリップグラスに注いで、ブランデーのように香りを楽しむ。

香りだけで酔いそう。

二杯もご馳走になってしまった。

年明け早々に素晴らしいお屠蘇をいただきました。

こいつぁ春から縁起がいいやね。

ありがとうKさん。

2008年1月 7日 (月)

ひどい・・・

Photo 先日、知人宅にて、こんなのもを見つけた。

大阪で買ってきたらしい。

ひとつ、いただいてみた。

まずい。

ものすご~くまずい。

口から出してしまうと負けたような気になるので、最後までなめた。

なめているあいだ中ずっと、

「まっずぅ。」という言葉が止まらなかった。

昨日、同友人宅を訪ねたら、まだあった。

そりゃ、人気ないだろうさ。

2008年1月 4日 (金)

年明け

元旦の夜から三日の昼までを、実家で過ごした。

建設的なことは、何もしていない。食べて飲んでぐうたらしてただけ。

休暇と言うには内容が無さ過ぎだが、年に1回くらいは、親に顔見せないとね。

1 寝間着は母親のを借りた。

多少置いてあった私の衣類は、

とっくに始末されているらしい。

まあいいか。

2 大晦日から来ている妹夫妻も、

母のパジャマを着用。

義理の弟は小柄だが、

弟まで母のパジャマ。しかもガウン付き。

っていうか、パジャマ持ちだったのか、うちの母は。

Photo 翌朝の雑煮。

私は、これでもかと言うほどかつおぶしを乗せる。

食べてる途中でも追加する。

だって好きだからしょうがない。

Photo_2 食後は近所の「真澄田神社」へ。

去年1年の礼を述べ、

火の輪くぐりをして、汚れを落としてきれいな心身にしていただき、

おみくじを引いた。「末吉」。

商いは「利益相当あり」。

恋愛は「深入りするな」。

なるほど・・・Photo_3

帰宅し、夕食。

上膳据膳とは、実にありがたいものである。

今夜はポトフ。

父が昨日から仕込んでいたらしく、良く味が沁みていた。

Photo_4 もう一品は、どういうわけか「どて丼」。

なんだこの取り合わせは。

作りたいものを作ってるな。

まあ、美味かったから、文句は言うまい。

Photo_5 食後は飲み。

選択肢は「ビール」か「焼酎」。

ウイスキーを飲む習慣がないので仕方ない。

適度に飲んで、適当に寝た。

翌日、帰る支度をしていたら、父が何か持ってきた。

少し古い型だが、SONYの「ボイスレコーダー」だ。

くれるというのでもらった。

そしたら、これにはケースがついているから、それも持って行けと言って、

えらいものを持ち出してきた。

Photo_6 アタッシュケース。

何なの、この色。

しかもすっごく重い。

これでヤクでも運べってか?

芝居か何かで使えるかなぁ・・・・と思いつつ、一応もらった。

いらないならレコーダーも返せと言うから仕方ない。

さらに母からは、

りんごやパイナップル(葬式でもらったらしい)、甘栗、焼海苔。

さらに冷蔵庫を覗いてまだ何か追加しようとしている。

ありがたいことなんだよな。ほんと。

行きの5倍くらいに増えた荷物を抱え、夕方には帰宅した。

そして夜は店。

プリシラは昨日3日から、通常営業していま~す。

2008年1月 3日 (木)

あけました

Photo 皆様、おめでとうございます。

平成も早20年。信じられない速さです。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

プリシラは、本日3日より、通常通り営業いたしております。

どうぞ、遊びにいらしてくださいませ。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »