無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

はやりモノ

突発的な人気で生産が追いつかず、

関係者一同あわてて増産。

その噂を聞きつけた順に、

いままで聞いたことのなかったメーカーまで便乗生産。

どんどこどんどこ生産ラインは増やされ伸ばされフル稼働。

結果。

現在となっては、どこの店頭にも類似品があふれる有様。

というわけで、うちにも一品やってきました。

ごはんのほかに、

冷奴、きゅうり、そうめん、パスタなどにも合います。

Photo

2010年7月27日 (火)

岡山と維新派

大阪に「維新派」というとてつもない劇団がある。

ここは野外劇をするとき、ロケーションから舞台から、仕掛けから、

もちろん脚本も何から何まで一から作り上げるものすごい劇団。

それが瀬戸内の島で公演をするというので、これは行かねばとかけつけた。

これまでに舞台製作を何度かお手伝いしたけど、ここ数年はいち観客だ。

当日は快晴。2時間しか寝てないけど早起きして名古屋駅へ。

1 鶏五目御飯と水割りで朝食。

まーた朝から飲むんかい。いや、これはほとんど昨夜の続き。

2 隣では友人がちびロイヤルを空けていた。

3 岡山に到着。少し時間があったので、駅前のホテルで涼を取る。

岡山といえばこの時期は桃。ってことで桃100パーセントのジュースをいただく。

4 これはジュースというよりピューレ。半分飲んだのにストローが立つ。

7 バスに乗り船着場へ。定員オーバーじゃないの、ってくらいの乗船客。

8 かなたにはりっぱな入道雲。見ている間にむくむく育つ。

11 目的地が見えてきました。「犬島」です。

12 犬島上陸。

昔、精錬所があったので、煙突が何本も残っている。

16 芝居の開演まで時間があったので、島を散策。

やはり島なので坂が多い。神社もこの坂の上。暑いがせっかくなので上る。

15 神社の祠は岩によりかかっていた。

18 道端に咲く野生の桔梗。紫色が涼しげ。

20 精錬所の煙突を遠景に見る。

21 時間になり劇場へ。

ここの野外劇には屋台街がつきもの。今回はエスニックが多かった。

23 ここは泡盛の屋台。店番しているのはどう見ても小学生。

25 知人お薦めの「とりやき」。

鶏のもも肉をカレーとヨーグルトとクミンシードで漬け込んだもの。

めっちゃ旨い。酒が進む進む。

26 黄昏にそびえたつ煙突。

28 客席へはこの桟橋を渡って入場。

酔っ払いが多いので、「落下したら自己責任です」という用紙にサインしてから入る。

もちろん私もサインした。

33 こんな延々続く橋も、丸太1本1本建てるところから作る。

釘は使わない。番線をシノで締めて組み上げるのである。

35 広い舞台。これとて地面から3メートル以上浮いているのだ。

37 照明や音響のためのやぐら。もちろん手仕事。

程なく開演。役者が舞台を駆け回りはじめた。

芝居は今年も圧巻であった。

日本人がかつて移民として外国へ行った話。

そのたくましい精神と、裏に見える寂寥がせつなかった。

そして仕掛けも満載。舞台に橋が出来る、海峡ができる。

舞台上のやぐらのあんな高いところにも人がいる。

終演後、東京から来ていた人と、名古屋からの人と、

この芝居の演出家と飲む。

先ほどの泡盛の屋台で、もう飲む飲む飲む。

最終フェリーの時間ぎりぎりまで飲んだ。

そして岡山市内へ戻り、どこかバーに行ったのだが、よく覚えていない。

どうやって宿に戻ったかもよく覚えていない。

朝起きたら全裸で寝ていて(これはいつものことだが)、

なぜかもうメイクをしていた。あ、顔洗ってなかったのか。

そして翌日は、

徒歩でまず後楽園へ。

広いねー。でもあちこちに小川が流れていて涼しげ。

木陰に入れば十分涼しい。

41 巨大な池の鯉。餌をくれると思って寄ってくる。

甘いぞ君たち。

43 旭川を渡って岡山城へ。

月曜日のせいか、人はまばら。さくっと閲覧する。

44 市電に乗って岡山駅へ。

同じ停留所にいたおじさんが、「あっちですよ、」と親切に教えてくれた。

電車は1台ずつデザインが違う。1台ごとにスポンサーがつくらしい。

45 我々が乗ったのは三毛猫号。

天井も日よけもぜんぶ三毛猫。

岡山駅までは3区。料金は100円。

そして新幹線で帰名。

岡山も暑かったけど、名古屋に戻ったらやっぱりこちらのほうが暑かった。

やっぱ暑いんだなあ、名古屋は。

2010年7月21日 (水)

暑っついねえ。

昼の気温がぐんぐん上がるあたりから買い物と振込み。

と、その前に、暑い日のおやつはこれ。

Photo 冷凍バナナ。硬い硬い。でもうまい♪

郵便局と買い物先と4箇所くらいまわったところでへばってきた。

水分補給と糖質補給。

Photo_2 どうせ飲むなら、これがいいでしょ。

どっちみち暑さですぐ抜けるしね。

いつもの市場でまた珍しい野菜。

1 しまうり。

乗ってるのは10円玉。けっこうでかいのよ。

かりもりの一種で、漬物が合うぞ、と店のおじちゃん。

帰宅していざ解体。

2 切ったら増殖した。

うり独特のさわやかな匂い。夏らしい♪

3 しょうゆ漬けにして、冷蔵庫でしばらく放置。

週末には食べられるかな。

2010年7月20日 (火)

気温上昇中!

暑いですな。

連日最高気温を更新しているようです。

洗濯物が早く乾くのは助かりますがね。

この連休は早めに寝ていたので、

翌日の1日が長く、いろいろなことが出来ます。

だがしかしこの暑さ。

ああ。昼ビールの誘惑・・・・

関係ありませんが、

今月は休日ごとに餃子を食べています。

おとといはゆず胡椒で食べる「広島風」というやつ。

昨日は自宅で「にら餃子」。

貪り喰ったので写真はありません。

2010年7月14日 (水)

数ある好物の

ヒトは美味いものを食べると、簡単に幸せな気持ちになります。

これもそのひとつ。

Photo 老舗の名店「百老亭」。

一口サイズなので、30個は軽いですね。

最高記録は「二人で80個+バリそば」。

Photo_2 こちらも古い店。店の近くの「二十番」。

定番、と言う感じの餃子ですね。

あー書いてたら食べたくなってきた。

2010年7月12日 (月)

ヨコにつながる

昨夜、

お客さんからお薦めされたバーへ行ってみた。

日曜営業の店はそうは多くないのでありがたい。

カウンター7席にテーブルひとつの空間。

酒のラベルを眺めながら飲む、という実に好ましい環境。

バーテンダーは女性。

仕事のスマートさに反して、気さくな会話がじつに気楽。

そこでお客さんとして来ていた、某老舗バーのバーテンダーさんに会う。

知り合い関係がひとつ繋がった。

さらに、

これまた日曜に、私が時々行く店のオーナーは、

この店のバーテンダーさんの先輩だった。

ここもまた繋がった。

居心地のいい店です。酒の種類も豊富。季節のカクテルもお薦め。

http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0529537211/index.html

2010年7月10日 (土)

おなじみですが漂着物

「見飽きた」とおっしゃる方もおられましょうが、

この方は初犯なので載せます。

19 見た目の割りにお酒が強くないKさん。

ま、時間も遅かったしね。

2010年7月 8日 (木)

あなたをリザーブ

最近あまり見かけなくなった「サントリーリザーブ」。

Photo 一時は、あこがれの「ちょっと高級なウイスキー」でしたね。

最近見かけませんねえ、ということで仕入れてみました。

お客さんのご希望もあったし。

(ちなみに通いの酒屋には「これですか?」と確認されました。)

カウンターに置いておくと、みなさん珍しそうに手にとります。

やはり、ダルマや角とともに、誰もが通った道なのでしょうか、リザーブ。

ボトルデザインは一時はあっちこっちしましたが、

今は落ち着いて、以前と同じようなデザインです。

懐かしい味を、いまふたたびいかが?

びみょー・・・

店のポストに、ほかの店の郵便物が入っていた。

何気なく住所を見てみると宛先には、

「中区栄4丁目好大ビル」とあった。

うちのビルは「女子大ビル」である。

よく届いたと思う。

郵便配達の方の配慮なのか、

はたまた本当にそういうビルが至近にあるのかな。

2010年7月 6日 (火)

うめぇ♪

最近料理にこっているKさん。

ごはんやお弁当だけではなく、このごろはスイーツにまで!

てなわけで、お手製の梅ジャムをいただきました♪

うまい!

バゲッドやクラッカーにたっぷり塗っていただくのもよし。

ソーダで割って飲むのもよし。

腕上げたなあ、Kさん。やっぱ料理はセンスだわ♪

1

2

2010年7月 4日 (日)

紳士の嗜み

ipadには3D機能が搭載されていて、

3D用のメガネがあれば、立体映像を楽しむことができる。

と、ipadユーザーのOT氏が、ご自分のipadを指して言われた。

とはいえ、OT氏がそのメガネを携帯しているわけではない。

するとそこへ、隣席にいたn氏がすかさず、

「持ってますよ、3Dメガネ、」

と、いともあっさりおっしゃるではないか。

さすがいつも紳士のn氏。どんな時にも抜かりがない。

鞄の中から、たいそうキュートなメガネを取り出された。

おかげでわれわれはメガネを代わる代わる拝借し、

つかの間3D映像を楽しむことが出来た。

粋な酒飲みとは、かくありたいものである。

3d

2010年7月 1日 (木)

お金持ち・・・?

お帰りになるときに、何度も何度も「お勘定して」と言われる方がいる。

支払いを済ませた2、3分後にまた「お勘定」と言い、さらに数分後にまた言う。

こういうお客さんが、けっこうたくさんいる。

支払いを済ませたことを、きれいさっぱり忘れてしまえるらしい。

天地神明にかけて、お勘定の2重取り3重取りなどはしていないが、

こうもしょっちゅう言われると、試してみたい気分になってくる。

「この人は一体、何回払ったら気づくのだろう。」と。

○○さん、△△さん、一度試していいですか?

重複分は絶対お返ししますから~!

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »