無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

初入荷

外では時々いただいていたんですが、

入荷は初めて。

1 ストラスアイラ。

2 ゴードン&マクファイル社のボトラーズです。

甘く、ふくよか。ちょっとオイリーな感じ。でもフルーティーさもあり。

美味い酒です。

2010年10月29日 (金)

とうとう来てしまいました・・・・

ほんと、忘れた頃にやって来るんだよなあ。

いったいアジトはどこにあるんだよ、「プリシラ民芸居酒屋化計画」ってのは。

先日、とうとうこれが来ました。

2 「木彫りの熊」。もちろん北海道土産。

ち、小さい。こんな小さいのもあるんだ。

1 しかし、小さいながらも、ちゃんと鮭をくわえている。

まったくご苦労なことで。

しかしなあ。

小さいからってOKってわけじゃないんですよ。

むしろこういう小さいものが集まってくることで、

じわじわウイルスに侵されていくような感覚ですわ。

2010年10月25日 (月)

いつか来ると思ったよ。

当店と同じ名前の店は、けっこうある。

よく同名の風俗店のチラシがポストに入ってるし、

最近流行のウイッグやヘアピースの店も同じ名前だ。

先週、1本の電話があった。

舌足らずな若いお嬢さんの声で、「さっき買ったウイッグなんですけどぉ」と。

おお、きたきたと思った私は、なるべくやさしい声で、

「ちがいますよ~」と伝える。

しかし彼女はどこで番号を検索したのか、当店の番号を告げた。

ヅラ屋の番号ではなく、うちの番号がヒットしたらしい。

しかたないので説明する。

「そこと同じ店名なんですけどね、うちは飲み屋なんですよ~」

「ああーそうなんですかー」と言って彼女は電話を切った。

彼女、目指すヅラ屋はちゃんと見つけられたかな。

しかし、商品を買ったのに店の電話番号がわからないというのも不思議だ。

若い子ってレシート受け取らないんだなあ。

あ、幸いなことに、風俗の問い合わせは、今のところないです。

でもそのうち来るな、たぶん。

2010年10月24日 (日)

気は心ですから

ドラゴンズ、クライマックスシリーズを制しましたねー。

そんなにむちゃくちゃドラファンではないし、

これから日本シリーズという本番が迫っているのですが、

気は心、ということでサービス期間やっちゃいます♪

明日から3日間。

25月曜、26火曜、27水曜はワンドリンクサービス!

この機会に、ふだん飲まないお酒や、ちょいと高いお酒など注文してはいかがでしょうか。

お待ちしておりまーす♪

2010年10月22日 (金)

やっぱこれだて。

1 玉子焼き器。銅製。

2

もともと1つ持っていたのだけれど、現在それは店で使用中。

なのでずっと家では、ふつうのフライパンで玉子焼きを焼いていた。

フッ素樹脂加工の鉄器は最近とても安価となり、

1個くらい買えばいいのだが、実は私、これが嫌いなのだ。

家用のを買おう買おうと思いつつ、

銅器の値段の高さに、いつも踏みとどまってしまっていた。

そして昨日。

意を決して調理器具専門店へ。

好みの大きさを選び、ずっしり重い手ごたえを感じつつ、

店の人に値段を聞いた。

安い!

思っていた価格の半分以下。ここは問屋価格なのだった!

にっこり笑って即購入。

これでいつでも、ふっくらした玉子焼きが作れるようになったっ♪

2010年10月20日 (水)

円頓寺を歩く

円頓寺界隈を散策した。

商店街ではなく、路地裏あたり。

1 そそる小路。

日が暮れたら、この一角だけでべろんべろんになれるな。

そしてそのまま酔死体だ。

2 これは現代アートなのか。

怖い造形の立像。しかも個人病院の駐車場の前。

トリエンナーレとは無縁だと思われる。

しかしここらも、古民家を改築した店が増えたな。

お洒落ーなカフェの隣に、

老夫婦がやっている古い喫茶店がある。

もちろん私は、古い喫茶店に入った。

お洒落ーなカフェのコーヒーに、豆はついてこないからね。

これは辛いっ。

Photo

大阪土産だそうです。

かなり辛いですが、旨みもしっかりあります。

焼きそばをこれで作ったら、間違いなく食べられないでしょう。

キャベツにちょこっとつけて食べるのがいいです。

これはつまみになる辛さですね。

2010年10月13日 (水)

号泣

先週のこと。

店の外の通路で、女子が泣いている。

男と何か言い合いをしているようだが、

その女子の嗚咽が、だんだんと号泣に変わっていく。

これはあれだな、

小さな子供が、自分の要求が親に伝わらず、

そのもどかしさや悔しさを、泣き声で伝えているのとよく似ている。

そのうち彼女の対話相手はどこかへ去り、

通路にへたりこんだ彼女の泣き声は、いよいよ大きく、通路に響き渡りだした。

女の号泣する声は、酒のアテにはならんわなあ、と思ってたら、

彼女の友人らしき女子が二人、慰めにやってきて両側から彼女の肩を抱いた。

すると彼女、慰めが嬉しいのか、はたまた別の感情に火がついたか、

さらに大音声で号泣しはじめた。

その時間、ほぼ小一時間。

慰めている二人も、これは想定外だったのでなないだろうか。

私が感じたのは、次の2点に尽きる。

「すごい体力と集中力だなあ。」

でもお願い。

次からはよそでやって。

2010年10月 8日 (金)

あの表札

先日書いてもらった表札。

店内のどこにつけようか思案していましたが、

昨日ようやく決定しました。

6 ひとつはここ。

5 メニュー黒板の上。3代目猫の下です。

3 もうひとつはここ。

4 店内右奥の、換気扇の下。版画の左。

塗装をしていない生木なので、これからタバコのヤニで変色していくでしょう。

でもそれは、ご愛嬌と歴史ですから。

2010年10月 5日 (火)

それから

モルト好きのKさんからは、こんな素敵なウイスキーを♪

Photo

まだ開封前なので、以下に商品の説明を添付しますね。

ああ。読んでるだけで酔いそうだわぁ・・・・

シングルカフェグレーン12年[70th アニバーサリーセレクション]

ニッカはブレンデッドウイスキーに使用されるグレーンウイスキーの品質も重視し、「カフェ式連続蒸溜機」ならではの香味を呈したグレーン原酒を40年以上つくり続けてきました。原料穀物由来の香りと、穏やかな熟成が生み出したバニラやバナナのような香りが渾然となって湧き上がります。

Tasting note

nose[香り] 穏やかな原料香と、すっきりとした熟成香が優しく広がる香り立ち。バニラの甘さと軽やかな香ばしさが調和し、ライム様のややビターな柑橘や、ミント様の芳香が爽やかさを醸し出す。
palate[味わい] 繊細な蜜様の甘さを伴ったソフトな口当たり。軽やかなタンニンのコクの広がりが、優しく上品な味わいを深める。
finish[余韻] 軽やかなビター感と、スムースなキレ。

2010年10月 4日 (月)

ラインナップ♪

先週の、不肖私めのバースデイウイークには、

皆様、たくさんおこしいただき、ありがとうございます。

まあ、ご来店されてから誕生日を知る、と言う方のほうが多かったのですが、

ま、そこはそれ。

というわけで、ありがたくも皆様からいただいた品々をご紹介いたします。

20109304 Sさんからモエ。

すぐさまその場でみなさんと乾杯♪うめー。

20109302 nさんからはケーキ。

モンブランをなんとホールで!上にも中にも大好きな栗がぎっしり♪

20109303 ろうそくを立てるとこんな感じ。ううう美しい・・・

20109301 しかもnさん、私の自宅用にと、このケーキを!

モンブランがお店ではけてしまった場合を想定してだそうです。

いやあ、紳士ですねえ。

こちらも、甘酸っぱくてたいへん美味しかったです。

20109306 Oさんからはお花。大輪のバラ。

色の取り合わせが渋くてさすがです。

かすみ草をあわせない所が大人セレクトですね。

20109305 Tさんから「パイパーエドシック・ロゼ」。

ちょっと朱色がかった赤がなんとも美しい。そして味も美しかった。

20109307 Kさんからトスカーナの赤を。

程よい重さと渋さ。開いてからの味が華やか。これまた美味でした。

このほかにも、いろいろお酒を飲ませて下さったり、

油田やプライベートジェット、惑星、

スイスの湖などもいただきました。

皆様、ありがとうございます。ほんとうに感謝いたしております♪

来年も、どうぞお健やかでー!!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »