無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

たぶん失敗だとおもう

ちょっと前に購入したのだが、

小豆島のオリーブで作った「おりーぶぐらっせ」。

Photo 小豆島はオリーブが名産品で、

オリーブオイル、オリーブ塩、オリーブ素麺などいろいろな品がある。

でもこれは初めて見た。

酒のアテになりそうだなと思って購入したのだが・・・・・

残念ながら、あんまりおいしくない。

かといって、「不味い!」というほどでもない。

中途半端な不味さである。

お試し希望の方は、店主まで!自己責任でねー♪

2011年6月27日 (月)

名品紹介

お客さんが北海道に旅行に行かれた。

余市にも行くというので、当然お酒をお願いした。

25 これだ。

ニッカが誇る「余市原酒25年 62度」。

62度もあると、驚いて引かれそうだが、

これは25年もの。度数は高いが、キツさは無い。

芳醇な香りと、深い味わい。5分毎に味わいを変える魔性のようなその姿。

これ1杯で小1時間楽しめます。

最近人気の「チーズのみそ漬け」との相性もばつぐん。

限定六杯のみで、すでに残りは三杯となってしまいました。

なんでたった六杯?

ボトルが小さいんですよー。180mlなんです。

大きいボトルは、眩暈がするような値段なんですもの!

2011年6月24日 (金)

珍品紹介

Photo

「醤油サイダー」

以下、商品説明↓

小豆島産醤油使用。(やっぱ国産よね)

全国醤油サミット開催記念。(そんなサミットがあったとは)

四百年の伝統よりついに誕生。(誰か待ってた人がいたのかな?)

これをまねて醤油そのものをサイダーのように飲むのは絶対におやめ下さい。

(そんなアホいねーよ)(炭酸に醤油入れるとかは?)(それは好きにしたら)

Photo_2

「青汁サイダー」

同じく商品説明↓

国産ケール12パーセント使用(12パーセントって多いのか少ないのか)

国産ケールを使用し、ほんのりはちみつ味に仕上げました。(やっぱ苦いんでしょ)

意外と爽快!?(意外って何だよ、「!?」ってなんだよ)

よく冷やしてお飲み下さい。(常温は生臭そう)

広島県福山市産(大丈夫か広島)

以上2品、お試し希望の方は店主まで!!早い者勝ち!いや負けかも!

2011年6月22日 (水)

そういうことだったのか

先日の電話の後日譚

中京テレビの人が来ると思っていたのは、私の勘違いだったようだ。

やって来たのは、
多様なジャンルの店を紹介するサイトを運営している会社の人。
飲食店に限らず、である。
そのサイトに店の紹介ページを掲載し、
顧客の新規開拓を手伝ってくれるという、
まあ聞いてみれば大層わかりやすい話であった。

結果から言うと、今回はお断りした。
理由はふたつ。

1、店舗検索のカテゴリに「バー」がなかった。
2、サイトを見てご来店される方は、予約が必要。

1については、「バー」がないと言うのはかなりきびしい。
2については、うちのような店に、予約で来るかたはほとんどない。うちは団体さんが来るような大きな店ではないし、一軒目に来ることも少ない。
そもそも「酔っぱらい」という自由な怪獣に「予約」などはめんどくさかろう。

以上の理由でこれをお断りした次第。

ところで、なぜ先の電話で、私がなにひとつ理解できなかったのか、
担当のかた曰く、
「申し訳ございません。新人ですので。」
ということらしい。

あんまり面白くない結果報告ですみません。

2011年6月19日 (日)

目的がわからない

昨夜の7時過ぎ、店に電話が入った。

電話の主は「中京テレビの関係者」だと言う。

「スッキリ」という番組はご存知ですかと相手は言う。

なんかそんな番組あったな。たしか朝だっけ。

でもほとんど知らないので「知らない」と答えた。

相手は続ける。

「番組スタッフの中で、気になるお店で貴店様のお名前が出まして、」

????

私は聞いてみた。「お店紹介のコーナーでもあるんですか?」

「いいえ、番組内ではなくて。」

では何だ。スタッフの雑談で出たのか?うちが?

こんなわかりにくい場所にあるうちが?こんな小さな店が本当に?

だが「スッキリ」とかいうの、たしか東京制作の番組では?

「どのような目的での電話でしょうか、」

相手はいろいろ話してはくれるのだが、言っていることがさっぱりわからない。

「グルーポンみたいなやつですか、」

「いいえそういうのではなくて、」

と、またいろいろ話すのだが、やはり全くわからない。

で結局、その人は来週うちの店に何かを説明に来ることになった。

私の苗字を10回くらい聞きなおしたあと、時間の約束をした。

はたして、私はいったい何を説明されるのだろうか。

以下次号!!

2011年6月16日 (木)

梅雨

雨だなあ。

でも意外と嫌いじゃないんだな。

こういう涼しい日の雨は。

住まいの近くは、とにかく鳩もカラスも異様に多い。

雨が汚れを洗い流してくれるのもありがたい。

2011年6月10日 (金)

金髪美女と栗色巻き毛

昨夜の1時頃、

背の高い金髪の男女4名が店にやってきた。

当然だが、私はどこの国の人が来ても、まず「いらっしゃいませ」と言う。

「ハロー」と言われても「いらっしゃいませ」だ。

私がにっこり笑ってそう言うと、4人のみなさんは安心したように店に入ってきた。

とりあえず片言英語で、自分は英語は少ししか話せないと告げると、

問題ない、との答え。

彼らは「キリンビール」を飲みながら、談笑を始めた。

聞くともなく聞いていたが、全く聞き取れない。

はてと思ってどこから来たか聞いてみると、ドイツの皆さんだった。

しかも航空会社のフライトクルーで、お泊りはヒルトン。

4人のうち、英語がお上手なのは、

というか、私のつたない英語を聞き取って下さるのは、金髪の女性一人だけのようだった。

なので会話は主に、その方を通してのこととなる。

ドイツ人と日本人が英語で話してるってのも変だな。

しばらくしてその女性が、空腹なので何か食べたいと言われた。

しかもご所望は「ヌードル」と言う。

うちにあるのは、「掛け蕎麦」と「焼きそば」。

焼きそばって英語でどう言うんだ?

とりあえず、たくさんの野菜と麺をウスターソースで焼いて、目玉焼きをのせる、

みたいなことを言ってみたら、それがいいとの答え。

かくして数分後。

4人のドイツ人が、大盛りの焼きそばをみんなしてつついていた。

写真撮りたかったなー。

しかしあれですな、

酒を飲みながら、仕事について話し、時に憤りをぶちまける、

これは万国共通のようです。

昨夜の会話の内容は聞き取れなかったけど、

皆さんが仕事についての不満と、それについての意見を話し合っていたことは、

私、確信できましてよ。

2011年6月 8日 (水)

本日8日

またも稽古のため、

21時オープン

となります。ごめんなさい。

ぷち騒動

初めてご来店されたお客さんが、トイレに行ったまま戻ってこない。

もしや個室内で寝ているのかと思ったが、トイレは空。

同じフロアの別の店にもいない。

一体どこへ行ってしまったのか。

お連れさんが携帯をコールするが、何度コールしても出ない。

仕方ないのでお連れさんは探しに出て行った。

時々「戻った?」と電話が入るが、「まだ。」と答える。

しばらくして、迷子のお客さんから店に電話が入った。

先ほどお渡しした店の名刺を持っていたのだ。

つまり携帯は携帯していないということか。

場所を聞き出して、お連れさんに回収に向かってもらった。

ところが、酔っ払いとは困ったもので、

迷子の鉄則の「その場で待て」ということが出来ず、ふらふらする。

お連れさんからは度々電話「言われた場所に居ないよ、」

迷子のお客さんからも電話「迎えがこないよー」。だから動くなって。

1時間ほどして、ようやく戻ってきたお二人。

この日の飲み代が、迷子のお客さんの奢りだったことは言うまでも無い。

ほっとしたのもつかの間で、

こんどは別の席のお客さんが上着を探って、「財布がない財布がない」と慌てている。

店内、トイレ、さっきまでいた店と探したが、ない。

ないのは当たり前。

全く違うお客さんの上着を探っていたのである。

「もしかして、上着を間違えてませんか?」

「あっ!!」

と、こちらはあっさり解決。

なんにしても、どちらも大事にならなくてよかったですわ。

2011年6月 6日 (月)

逆輸入

以前に「青い食べ物は食欲を減退させる。」

と書いたが、

「紫」というのもちょっと微妙である。

「紫芋」の断面を初めて見た時は、ぎょっとしたもんな。

てなわけで、「紫のパッケージ」。

シンガポールからの逆輸入品。「トムヤム味」なんだって。

Photo

2011年6月 1日 (水)

本日

またも稽古のため、

21時オープン

です。ごめんなさい。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »