無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月27日 (水)

青いたべもの

いつもの市場で、へんなものを見つけてしまった。

1 チョコミント味の菓子パン。

以前に何度か「青い食べ物には食欲が沸かない」という話を書いた。

だからというわけではないが、これは買わねば。

袋には「冷やして食べる」と書いてあったので、まずそうした。

チョコミントと言えば、まあアイスクリームでは定番だもんな。

2 冷えたあたりで開封。

黒いつぶつぶはチョコレートである。

なんとも身体に悪そうな色だ。

3 断面図。

中にもチョコクリームがはさんである。

で、お味。

まずい。

「まずいっ!」と叫ぶほどのまずさではなく、

「なんだかな~」という程度のまずさ。

菓子パンの甘さ、ミントの爽やかさ、チョコレートのコク、

どれもすべてが中途半端な味であった。

そして、この青い色がまずさに拍車をかけていたことは間違いない。

たぶん、あんまり売れないと思う。

2011年7月26日 (火)

日曜日とか祝祭日とか

お申し出があれば、営業いたしますよ。

グループで貸切も受け付けます。

椅子席なら10名様まで。

立ち飲みなら20名様くらいまで。

飲み放題で2時間程度なら、お一人の料金は、

つまみ無し・2000円~

ごく軽いつまみ有り・2500円~

そこそこつまみ有り・3000円~

しっかり喰いたい・4000円~

いずれもご相談に応じさせていただきます♪

2011年7月20日 (水)

原田芳雄さん

ダンディでワルで、色気のある男性が、

また一人いなくなってしまいました。

今週プリシラでは、原田芳雄さんを追悼いたします。

2011年7月19日 (火)

漆器を買う

先日、会津塗りの絵付け職人さんが、たまたまうちにやってきた。

なんでも、某老舗百貨店で実演販売中なのだそうだ。

せっかくなので、後日その現場へ出向いてみた。

すると、このイベントの期間は、購入した漆器に絵付けと名入れが無料だというのだ。

これって、けっこうすごいことですよ。

なので溜塗りの椀を二つ買うことにした。

図柄はたくさんある見本から、自分の干支である「うさぎ」と、

なんかお気楽そうな「とんぼ」にした。

1

2 朱塗りも黒も悪くは無いが、

私はやっぱり「溜」が好きだな。あと「春慶」も。

そして裏面に名前を入れてもらう。

3 本名ではこっ恥ずかしいので、屋号にした。

筆文字はやっぱり「ひらがな」がいいですな。

大切に使うことにしよう。

2011年7月15日 (金)

お土産シリーズ

トマトといえば下呂を思い出すが、

これは北海道。

Photo 緑色の包装はメロンを彷彿とさせるが、あくまでもトマト。

表示を見ると、甘いお酒らしい。甘いトマト・・・・完熟系か。

2 包装をはずすとこんな感じ。

「なんの実験?」という体ですな。

ところがいまだご注文は無し。

空けたら飲みきりなので、味見もできず。

みんな手にとって眺めたのち、そっと戻します。

2011年7月14日 (木)

考えたほうがいいと思う

昨夜、店に宅配便が届いた。

Ca1iei8i 70×40×40くらいで、けっこうでかい。

しかし、持ってみると異様に軽い。中身はなんだ。

Cap239ps 冗談ではないかと言うくらいの詰め方。

こんなでかい箱にする意味がわかりません。

入っていたのはポスターと卓上のポップとペストル。

Ca1udi4e ペストルとはこれです。

モヒートを作る際に、ライムとミントをつぶす道具です。

出入りの酒屋が、申し込めばこれをくれると言うので申し込みました。

私が欲しかったのは、これだけです。

ポスターもポップもいらないといったのに届きました。

で、あの箱のサイズでした。

よくわからんねえ。

あ、ということで、昨日からいよいよ、

『モヒートはじめました!!』

前々回の日記で、「ミントなんて買うもんじゃない」

といっていらしたTさんが、ミントの枝を大量に下さいました♪

2011年7月13日 (水)

こける

Aさんの奥方はよくこける。

店の出入り口にある段差で、いつもこける。

先代のオーナーから通算すると、10年近く通っている店なのに、

酔っ払うと、かならずこける。

昨夜もそうだった。

「そこ、段差があるからね、」と言った直後にこけた。

「わあ」と可愛い声を出して。

そして・・・・・

Oさんの奥方もよくこける。

こちらのこけ方は、もっと派手である。

椅子ごとこける。

階段からこけ落ちる。

だから飲むと、生傷が絶えない。

ちょっと心配である。

しかし、酔っ払いはほんとうによくこけるなあ。

私の周りにも、

酔って自転車でこけて、指を折った美容師(仕事ができない)、

酔ってバイクでこけて、腕を折ったバーテンダー(仕事ができない)、

酔って階段を顔から落ちたホステス(仕事はできるがちょっとかなしい)など、

いろんな人がいる。

酔ってこける人々の映像を集めて、

プロ野球の「珍プレー好プレー」みたいにして鑑賞したいものだ。

「酔っ払いオールスターズ!俺のこけ方日本一♪」みたいなの。

2011年7月11日 (月)

モヒートの季節

暑くなって来ると、よくオーダーの入るカクテル、「モヒート」。

Glass_03 ここ数年流行ってますよね。

ラムにたっぷりのミントとライム、ソーダで割った爽やかなカクテルです。

そろそろこれの準備をしようとしてるのですが、

ミントが無い。

葉をパック詰めしたのでは鮮度が気になるので、

鉢植えを買おうと思い、あちこち探しているのですが、

栄あたりの花屋には無いんですよね、ミント。

あ、そうか、花屋じゃなくて種苗屋に行かなくちゃ。

と気づき、おそらく中区最大の「名古屋園芸」へ電話。

ところが・・・・ここにも無い!

こりゃホームセンターだな、と思ったのですが、近くには無い。

こういうときはネットですね。

何件か検索して、購入手続きに進み、最後の段階まで記入したところで、

「お届け時間の指定はできません」・・・ダメじゃん。

で、別のショップで再び手続きを。

私が欲しいのはミントの鉢二つだけなのだけど、今度はそれだと、

「購入最低金額に達していません」・・・何だと!むっとしたので取り消し。

もう1件に行ってみると「売り切れました」・・・

もう知らん。今日はやめだ。

2011年7月 7日 (木)

ヒゲクマさん

漫画家の和田慎二さんが急逝された。61歳だった。

この人の漫画は、小学生の時から読んでいた。大好きだった。

ミステリー、復讐もの、SF、ホームコメディ、冒険ものと、

少女漫画の枠をこれほど広げた漫画家も少ないのではないか。

少ない小遣いをやりくりし、

たまにお使いのお釣りをごまかしたりして、コミックを買い漁った。

この人が同業者や読者に与えた多大な影響、

それと同じ大きさの衝撃がしばらく続くだろう。

漫画は本当にいろいろなことを教えてくれる。

私は幼少からそれを感じ、信じてきた。

和田さんは、それを教えてくれた大切な一人である。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110706-00000412-yom-ent

2011年7月 5日 (火)

夢のはなし

夢の中で、自宅マンションのベランダに立っていた。

実際の高さより、はるかに高い。夢だからね。

で、私はそこから飛び降りようとしている。

「これは夢だから、飛んでも大丈夫」と、ちゃんとわかっている。

でも、難しいもんだねー。

夢と知りつつも、結局飛べなかった。

怖かったんだよねー。

あ、

もしも夢遊病だったら確実に死んでるな。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »