無料ブログはココログ

2013年6月 6日 (木)

願い叶って

いつかやりたいと思っていた髪型。
美容師は、20年以上のお付き合いの由佳ちゃん。

1370498433484.jpg

2011年5月14日 (土)

先取り?出遅れ?

えー。

五月晴れの空が美しいこの時期ですが、

風邪をひきました。

今日で5日目。長いです。

お医者に見て貰いました。インフルではありません。

37℃の微熱がずーーーっと続いております。

がーっと熱が上がって、ぶわーっと汗が出れば治りも早いのに、

ぐずぐず居座っております。

味覚がやや鈍磨。不快な咳。集中力の欠落。

とまあそんなとこですか。

それにしても、全く衰えないのが「食欲」。

お酒はやや控えておりますが、食事はいつもどおりです。

はやく出てってくれんかなー、風邪くんよー。

2011年4月 5日 (火)

血圧

若い頃からずーっと低血圧だった。

20代の頃は下が60、上が90で医者に心配されたが、何も不都合はなかった。

30代になって上が100をようよう超え、とはいえ献血はあまりできなかった。

40代になってようやくまともな血圧になったらしかった。

そして先日。

受診した健康診断の結果をみて驚いた。

血圧が正常値の範囲を出ている。

「ちょっと高い」のである。

嘘だろ。

いつのまにこんなことに。

そりゃまあ確かに毎日懲りることなく飲んでいたし、

低血圧と思い込んでいたから、蕎麦もきしめんも味噌煮込みも汁は全部飲んでた。

自分の作る料理自体は薄味ではあるが、

味噌汁はよくおかわりしてる・・・・・

ううむしかし。

短期間でこの変化とは。

やはり年か。

2010年11月 8日 (月)

巨大なものが

舌の裏に口内炎ができた。

できたのはもう1週間前。

お米の半分くらいの大きさだったそれが、

現在、煮崩れた大納言小豆くらいになっている。

そしてものすごく痛い。

しゃべっても痛いんだけど、欠伸してもくしゃみしても痛い。

だから、食事の際の痛さはもう筆舌に尽くしがたい。

間違いなく経験上最大。

大好きな辛いものは当分無理。

もちろん硬いものも無理。

咀嚼の回数が少なくてすむものしか食べられない。

さっきバナナ食べたら、5分かかった。

そしてもっとも重要なこと。

お酒がしみるっ!

本当に、舐めるように飲んでいる。

酒量が減るのはいいとしても、これじゃ老後の訓練みたいだよ。

2010年1月18日 (月)

冬の持病

冷え性である。

今年の冬は、去年より冷える気がする。

その証拠に、足指がしもやけになった。

先週末から発症し、いまはもうぱんぱん。

指の関節のしわがぜんぶ伸び切った。

痒い。そして痛い。さらに走りづらい。

たまらん。

そこで思い出した。

幼少の頃、私の父が、私のあまりにひどいしもやけを見かねて、

とある漢方薬を買ってきてくれたことがあった。

効果覿面。こんなに効くのかと驚くほど効いた。

以後は私の冬の常備薬となっていたのだ。

商品名を覚えていたので、さっそくネットで検索。

あった!

先ほど、早速購入手続きをとった。

一日も早く届くことを祈りながら待とう。

2009年10月28日 (水)

肝機能

私事ですか、先日「健康診断」を受けました。

なんといっても、飲酒暦も4半世紀。

宿酔いの回数もたびたび増え、

肝機能の低下は自覚しておりました。

で、意を決して5年ぶりの健康診断だったのです。

もちろん、いちばん気になっていたのは「γ-GTP」の数値。

一般に、0~80の間が参考基準値となっております。

ドキドキの私の数値はなんと・・・・・

「34」

基準値内も内。心配皆無の値。

おまけに、他の臓器も血液もどこにも異常なし。

ちょっと気になっていた「メタボリックシンドローム」も心配なし。

内臓脂肪の蓄積は全くなかったのです♪

安心というか、ちょっと拍子抜け。

思えばうちの親、

とくに父親は異様なほどに身体が丈夫でしたわ。

ありがたいことですねぇ。

年末の帰省には、ちょっといい手土産持って行くとしましょうか。

2007年11月22日 (木)

人間にとって、「腰」とはかなり重要な部分である。

重心を置いたり据えたり、リズムをとったり。

人間の動作のほとんどは、腰によって決まると言っても過言ではない。

にくづきに要、と書いて腰なのだ。

時に、私の仕事はバーテンダー。

先日シェーカーを振っていて、おっ、と気づいた。

シェーキングに「腰」が入っている。

当然と言えば、当然なのだけどね。